The Book Life

人生は、旅である!

食事から、食時へ。

皆さんこんにちは。Tokyoより、Sarinaです:) 今年は年が始まり仕事の忙しさや中身の濃さがより一層増し、胃腸炎を患ったり、少し精神を病んだりし、2017年前半は非常につらく、生きることや生きる意味合いなどについて非常に悩まされた期間となりました。 が…

砂漠/伊坂幸太郎

皆さんこんにちは。 Tokyoより、沙里那です。 今日は仕事も早く終わり、何となく学生時代に好きだった本に没頭しようと、久しぶりにこの本を手に取ってみました。 砂漠(伊坂幸太郎著) Amazon CAPTCHA 麻雀にちなんだ苗字を持つ5人がそれぞれの大学時代を過…

笑顔と感動を!in 2017:)

新年あけましておめでとうございます。 Tokyoより、Sarinaです。 2016年の申年も、去ることながら・・・(ゴホンゴホン) 2017年の幕開けとなりました~。 2016年は、24年間の人生の中でも多くの経験を積んだ1年間となりました。 ー西ヨーロッパおよび東ヨー…

人蕩し術/人々の魅力とは。人々を惹きつける力とは。

今回読破し、素敵だなあと思った本はこちら 人蕩し術(ひとたらし術) 女たらしなどの、あの「たらし」です。 Amazon CAPTCHA 実は、この本1万円もする本で、かなり「秘蔵書物」のようなオーラを解き放っております。 会社の方から、おすすめされお貸しして…

SOSの猿/伊坂幸太郎

今回の本は孫悟空×300億円の損害を引き起こした株誤発注事件の調査をするIT品質管理で働く男×引きこもりの男の子を助けようとするエクソシストの模様が描かれている「SOSの猿」(伊坂幸太郎)。 SOSの猿、と題名にもあるように、全体のベースとな…

コンピューターの歴史/ネットワークの仕組み

今日学んだこと ◎コンピュータの歴史 ◎ネットワークの仕組み ◆ホストコンピューター ◆クライアントサーバー ◆IPアドレス ◎コンピュータの歴史とネットワークの進化◎ コンピューターが出現したころは、 ↑こんな私たちが知っているパソコンのように、キーボ…

モダンタイムス(上)(下)/伊坂幸太郎

大学時代になんとなく手に取った伊坂幸太郎の本。 そこからどっぷりはまり、今では前作読破してしまった私。 その中でも特に印象に残り、社会人になり読み返してまたドキドキしてしまった本がこちら。 「モダンタイムス」 「魔王」という本の続編ですね。魔…

「終末のフール」 伊坂幸太郎著 ”生き抜くこと”を教えてくれる1冊。

そしてなんとなく昨日読み返した1冊が終末のフール。 この本が教えてくれることは、ずばり「生き抜くこととは」である。 死によって、人は生かされる。 そんなことを考えさせられた本だ。 3年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。 そんな世界に生きる人々を…